死と生きるということを実感した1日

株式会社EDGEの坂田将一です

God Handの先行販売ですが
多くの方からご購入頂きました。

ありがとうございます。

上位表示させるために
現在必須のサービスですので
是非役立てて下さい。

スポンサードリンク

ただ問題がありまして、
今回PayPal決済と銀行振込で対応したのですが、

銀行振込で、
お申し込みをされずに
お振り込みされている人も存在しました。

どちらにお送りしていいか分かりませんので
心当たりのある場合にはご連絡下さい。

あと、決済をしたのに、
まだメールが届いていないという場合は
迷惑フィルタに引っ掛かっている可能性がございますので
その際にも、ご連絡頂ければと思います。

今回は以上となりますが、
これだけでは寂しいのでお勧めのドラマを紹介します。(笑)

私はあまりテレビを見ませんが、
ある日、偶然テレビを見ながら食事をしていました。

そこで、はじまっていたのが
「とんび」というドラマで
5話?くらいだったと思います。

妻から、なんでこんな中途半端なタイミングで見るの?

スポンサードリンク

と言われたのですが、

1分くらい見ただけで
最後まで見てみたいと思ったんですよね(笑)

それからはCMに入る度に、涙を拭きに洗面所に行っていました。(笑)

父と子の話ですが、

ドラマの父が、去年亡くなった私の父にそっくりで
本当に感情移入して見てしまいます。

DVD BOXが発売されたら100%買いますね(笑)

人生を考えさせられるドラマで
人として大きくなれるドラマです。

よかったら見て下さい。^^

☆追伸☆

昨夜、小さい頃世話になっていた
近所のおばちゃんが亡くなったと電話がありました。

明日が通夜で明後日葬式です。

人は必ず亡くなる時が来ます。

普段は感じませんが、
あなたの時間も有限です。

無限ではありません。

やりがいのある仕事であれば問題ないですが、

お金のためだけに仕事をしているのであれば
もう1度考え直して下さい。

あなたの人生の大半を
仕事で浪費していることになります。

せっかくの人生です。
自由に生き、まわりを幸せにして
悔いのない人生を生きましょう。^^

坂田 将一

スポンサードリンク